男性の薄毛のほとんどはAGAです。AGA対策、プロペシアの効果、副作用、育毛剤などについて紹介します。

AGA(男性型脱毛症)の原因はDHTに有り

男性の薄毛の9割近くがAGA(男性型脱毛症)と言われています。 AGAは男性ホルモンが関係している脱毛です。

よく育毛サロンなどでは皮脂が抜け毛の原因になるといわれますが、実際に皮脂で抜け毛になることはほとんどありません。いくら毛穴を綺麗にしても、皮脂はまた分泌します。実際には男性ホルモンが頭頂部や前頭部において5αリダクターゼと呼ばれる酵素の影響を受けて生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が抜け毛の原因となります



AGAは主に頭頂部か前頭部に症状が現れます。頭頂部は気が付くと頭皮が透けています。前頭部はM字型脱毛と呼ばれるタイプと、C型と呼ばれる額全体が後退していくタイプがあります。抜け毛の原因となるDHTは毛乳頭内の男性ホルモンレセプターと結合することで、脱毛タンパク質を生成。毛母細胞の働きを弱めてしまいます。この脱毛物質の発生を抑えることがAGA対策の肝になります。

AGA(男性型脱毛症)とプロペシア

AGA対策ではDHTと男性ホルモンレセプターの結合によって生成される脱毛物質(TGF-β)を抑えることが大事です。現時点で出来る事はDHTの生成を抑制することです。DHTとレセプターの結合を妨害することはできません。その為に開発されたのが医薬品「プロペシア」です。



プロペシアは「フィナステリド」と呼ばれる成分を配合した錠剤です。2005年に認可され、1ミリ錠と0.2ミリ錠の2種類あります。市販での販売はなく、皮膚科などのクリニックで診断後に処方してもらうお薬です。皮膚科のHPなどを参考にして、AGA(男性型脱毛症)に対応していれば大丈夫です。

プロペシアはDHTの原因となる5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。DHTの量を減らすことで脱毛物質の発生を抑制することでAGAを改善していきます。プロペシアは1錠250円です。初診料や再診料などはクリニックによって違ってきます。

プロペシアで気になるのは副作用です。そのほとんどが男性機能、性欲低下などです。使用者の5%前後がそういった副作用が表れているようです。デリケートな問題で、本当にプロペシアが原因か、はっきりしていない部分があります。その他に、肝機能に障害のある人や妊婦さん、授乳中の女性は使用しないように注意が必要です。

AGA(男性型脱毛症)対策と育毛剤

AGA治療で最も有効なのはプロペシアです。ただ副作用が心配、医薬品の為に医師の診察が必要など、ハードルが高いのも事実です。そこでお勧めしたいのが育毛剤です。育毛剤の効果は主に「血行促進」「5αリダクターゼの阻害」「炎症抑制」「保湿」などがあります。



髪の毛の成長の為には「毛母細胞を活性化する」必要があります。 その為には結構を促進して栄養分をしっかりと毛乳頭に送る必要があります。栄養を毛乳頭は発毛促進タンパク質(FGF)を生成し、毛母細胞の活性化を促進します。

それからDHTの抑制です。こちらは「ノコギリヤシ」などの植物エキスが5αリダクターゼの働きを阻害します。プロペシアほどの強い効果はありませんが、抜け毛抑制をサポートします。最近では育毛剤とサプリがセットになっている育毛剤ブブカが人気です。 育毛剤について詳しく解説しているのはこちらです→育毛剤ランキング男性no1

育毛剤でブブカをおすすめする理由

ノコギリヤシサプリでDHTを抑制
ブブカ育毛剤には「オウゴンエキス」、サプリには「ノコギリヤシ」を配合。これらの成分は5αリダクターゼの働きを阻害します。抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで抜け毛を抑制。プロペシアほどの強力な効果はありませんが、副作用の心配はないので安心して使用できます。
褐藻エキスM-034で毛母細胞活性化
育毛剤ブブカに使用されている褐藻エキスM-034は①抜け毛の原因となる退行誘導因子を抑制する作用②血行促進作用③外毛根鞘細胞を活性化する作用④保湿作用があり、髪の毛の成長をサポート。その他にも血行促進作用のある成分をたっぷり配合。毛乳頭に栄養をしっかり届け、毛母細胞の活性化をサポートします。
植物エキスで頭皮環境を改善
男性ホルモンが増えることで皮脂の分泌も増える傾向があります。皮脂が多いと毛穴周りに細菌が発生しやすくなります。その結果、フケやかゆみがでたり、ひどくなると炎症になってしまいます。炎症まで行くと皮脂が酸化してしまい、毛穴がつまってきます。ブブカには保湿、抗炎症作用のある植物エキスをたっぷり配合しています。